遊び感覚でもバイナリーオプションで好調な成績

私が今もずっとバイナリーオプションを続けることができているのは投資なのにそれほど緊張感がなく楽しんで行えることにあると思っていて、他のお金稼ぎで上手くいかなかった私にもこの点でとても相性が良いからプレッシャーが少なくて簡単に稼げるのは凄く魅力的に感じます。
実はこんなにやり込んでいても未だに投資に関しては素人に毛が生えたようなもので専門的な知識を質問されても上手く返せないレベルといえますが、そんな私でも稼げるのは恐らくそれほど投資に真剣にならず半分遊び感覚というスタイルだからなのかもしれません。

ビギナーズラックという言葉があるようにガチガチに投資理論で固めなくても稼げる人は稼げるし、投資をしている人のブログを見ているとテクニカル分析の知識は豊富なのに結果が伴っていないというタイプの人を沢山見るから、私はそれほど真剣にテクニカルを覚えることに意義がないように感じたのです。
遊び感覚で気軽にバイナリーオプションができる理由のひとつには投資にさらす資金の低さがあり、一回の負け幅は最初から決まっているから追証なんていう危機感を持たなくていいのはとても気が楽ですし、勝てれば大きな倍率で資金が膨らむという見返りの大きさも素晴らしいと思います。

上か下かどちらかを当てればいいから確率は半々といえるものの、中には選択肢が二つだけしかなくても為替が動く方向は半々ではないと力説する人もいますが、過去の開催結果を公開している業者を見てみるとどちらかに偏っていることはなくて、トータルの開催回数が多くなるにつれてフィフティフィフティに収束していくのです。
だから私のように遊びでやっているなら中途半端にテクニカルを習得するより完全にチャートを見たときのフィーリングだけで購入するほうが良いと思いますし、チャートと言ってもローソク足じゃなくてラインチャートだからより直感が試されるので私はセンスだけでバイナリーオプションで勝ってきました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ