バイナリーオプションは国内業者くらいの期間設定がベスト

私がやっているのは国内のバイナリーオプションなので海外に比べたら短期取引の中でもわりと開催期間が長めといえますが、60秒で取引が終わるような極端なものの方が上手くいけば資産を一日で効率よく十倍以上に増やすことが可能と知っていても、今くらいの時間のスパンが個人的には丁度いいです。
海外だと開催期間短すぎてかなり運の要素が高まることで資金のコントロールを行いながらリスク回避をするというやり方が通用しなくなる恐れがありますし、不利な状況に陥ったら途中で負けを認めて撤退できるという有利なシステムをフルに生かせないことにあります。

ペイアウト率が高いうちに購入してその価格を超えていれば途中で大きく為替相場が動いてもその時点で利益が出るゆえに、終了時間までじっと持つリスクと天秤にかけて少ない利益を取るということも私がバイナリーオプションをしているときは日常茶飯事です。
国内業者の方が海外業者よりペイアウト率が高いなんてことはザラだからこそこういう取引ができるので、これに慣れたら過度に短い取引はただの為替トレードのスキャルピングと大差ないと感じるため、値動きを見ながら考える時間を十分取れる国内業者が私には最高だと感じます。

さすがにペイアウト率が高いときばかりに購入していると終了時点の予想の判断はテクニカルを駆使してもおおよその目星をつけることさえできないから、終了時間の少し前で高勝率かつ低利益の購入方法を行うことも多いです。
負けたら失う金額が大きいから特定の時間しかやらないようにだけ気をつけていて、その時間というのは経済指標が発表される前にそれぞれのイベント前の動きの特徴を捉えた取引方法を用いることで勝率を高く維持できるという、私の頭の中で作っているトレードのシナリオです。

たとえばビッグ指標なら何時間も前からじわじわと片方に進んでいって、指標発表の直前に最後の仕上げとばかりにその方向に勢いよく大きく動くことがいくつかの通貨ペアで見られるので、それを知っていると方向が読みやすくバイナリーオプションに向いた相場だといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ