バイナリーオプションと逆張りによる取引

バイナリーオプションの手法の1つに、逆張りがあります。逆張りは、しばしば大きな利益を生み出します。タイミング次第では、短期間に大きな利益が生じる事もあるので、デイトレで売買を行う方などは実行している事も多いです。

例えばある時の外貨の動きが、上昇基調になっているとします。一般的には、そのような局面では買いの玉を保有するのが望ましいです。今後は外貨の金額が上がる可能性が高いので、買い玉を保有すれば利益が生じる確率も高いからです。ですが人によっては、敢えてその状況で売り玉を保有している事があります。というのも外貨の動きは、一直線に一つの方向に進むものではありません。ある時までは1つの方向に進んでいても、調整の下落などが生じる事も多いからです。長期的に見ると上昇の基調になっていても、そもそも上がり過ぎた外貨の価格は下がる傾向があります。ですので節目などにおいて、売り玉を保有してみるのも良いなのです。

そしてバイナリーオプションでも、その逆張りを検討するケースは多いです。特に狙い目のタイミングとしては、経済的な指標です。例えばアメリカの失業率などは、かなり重要な指標の1つになります。そのタイミングにて、かなり良い数字が発表されたとします。それで勢い良く上昇するケースが多い訳ですが、あえてそのタイミングで売り玉を保有する方法があります。なぜなら急上昇が発生した時には、前述のような調整の下落が発生する確率も極めて高いからです。3分ほど上昇をしていたと思っていたら、急に下落が生じるケースも少なくありません。

ですのでバイナリーオプションでデイトレなどを行っている方は、しばしば経済指標のタイミングでスタンバイをしています。それで上記のような局面で売買をして、大きな利益が生じているケースも少なくありません。この金融商品で稼ぎたいと思っている時は、逆張りのコツは勉強をしておくと良いでしょう。ただしリスク管理は要注意です。時には失敗する可能性もあるので、それも想定しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ