得意なことを副業にしたいなら「ココナラ」がオススメ!

得意なことを活かせるココナラ

ココナラの副業では、自分の特技を生かせるといわれています。そこで、ココナラでのネット副業について、ご紹介したいと思います。

ココナラは、どういったものなのか、というと、他人にアドバイスをしたり、自分の得意分野の知識を売るというサービスのサイトになります。これはとても新しいサービスであり、画期的なサイトであるといわれています。

誰しもが始めることができ、たとえば占いや、相談、マネーに関する相談など、さまざまなことを承っています。さらにはマニアックな分野や、こんなものが売れるのか、というものまで売ることができるのです。スキルなどの分野はとても多くなっていて、誰しもが始めることができます。このためネット副業の初心者にも最適となっているのが特徴です。

ココナラでどのぐらい稼げるのか

ちなみに、こちらのココナラの相談料は500円と設定されています。このためワンコインというのが基本となっています。このため、やればやるほど稼ぐことができますし、10回相談を受けたとして、5千円なので、お小遣い稼ぎとしても最適です。

自分たちでこれらの料金を設定することも可能ですが、別途見積もりなどで、後から追加で料金を取ることも可能です。さらには、オプションを付けることもでき、集客ツールとしてもおすすめです。しかし、一回が500円なので、大きく稼ぐというのにはなかなか難しいところがあるでしょう。このため、ネット副業でも掛け持ちで始めているという方が多いです。ネット副業を始めるためには、会員登録が必要であり、その後出品という流れになります。依頼者とは、特定のページで相談をするので、秘密が漏れることはありません。

評価されるシステム

そして、ココナラの特徴として、評価を受けるということになり、その後報酬を受け取ることになります。このため、評価が基本となることが多いです。また、相手が納得しなければ報酬を受け取ることができませんので、しっかりとしたサービスをすることが必要です。良い評価をしてもらうためには、相手の思うようなサービスなどを提供しなければいけません。このため、ある程度コミュニケーションスキルが必要である仕事であるといえるでしょう。

ココナラでは、お客さんとのコミュニケーションが鍵となりますし、いかに顧客満足度の高いサービスを提供することができるのか、ということが重要となります。このため、相手がもし満足できなかった場合は悪い評価をつけられてしまったりすることもありますので、注意をしましょう。ネット副業だからといって、適当に出品すればよいのではなく、お金を払ってくれている相手のことをしっかりと考えて、出品をしなければなりませんし、プロとしてのサービスを提供しなければならないのだ、ということを頭に入れることが必要なのです。

評価制度となると、なんとなく怖いイメージを持つ方もいますし、自分にできるのかな、と不安に思ってしまう方もいるでしょう。しかし、ココナラは未経験者から始めた人も多く、最初のうちは慣れないながらも、しっかりとこなしていくことで次につながっていきます。精いっぱいアドバイスをしたり、自分の得意とするジャンルを中心にサービスをしていけば、必ず満足してもらえるはずですし、興味を持ってもらうことも難しくはありません。成功したときには、とても喜びがありますし、人の役に立つ、遣り甲斐のあるネット副業であるといえるでしょう。

また、直接人の反応を見ることができるという貴重な仕事であるともいえます。その代わり、良い評価が増えていけば、新たなお客さんも増え続けていくので可能性がある仕事であるといえるでしょう。

素人が中心の新しいサービス

ココナラは、素人が中心となっている新しいサービスであるといえるでしょう。どんな物事でも、プロの方に相談をすることで、高い相談料がかかるケースが多いです。しかし、ココナラの場合には素人が中心なので、さまざまなサービスを500円で受けることができます。このため、もしも自分が安い金額で何か相談に乗ってほしいことがあれば、こちらを利用するとよいでしょう。ネット副業としても最適ですが、自分が利用する側に立ってみるのも、時にはおすすめです。

ココナラは、これからも将来的に広がっていく可能性があり、自分の特技を生かすことができるチャンスが広がっているといえるでしょう。ココナラで、自分の特技を出品する際には、ぜひ好きなことや、興味のあること、このジャンルなら負けない、というところで勝負をするとよいでしょう。このジャンルならだれにも負けない、というところで勝負をすれば、お客さんは集まってくるはずですし、収入にもつながっていくはずです。

このため、自己分析なども必要ですし、あらかじめ周りの人にサービスをしてみるなどをして、練習をしてみるのも一つの方法です。500円分のアドバイスを自分自身ができるのかどうか、ということを考えて、まずは研究をすることが大切なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ