金融派生商品を学びましょう

少ないお金で大金を得る。海老で鯛を釣る。とても魅力的な事です。本当にそんなことができたらいいですね。株や為替の世界でも『海老で鯛を釣る』という考え方があります。金融派生商品という言葉を聞いた事はありますか?株式や金利、原油などの現物価格によって価値が決まる商品を言います。英語でderivatives(デリバティブ)と言います。主な商品は先物取引、オプション取引(最近流行りのバイナリーオプションもこの一部です)、スワップ取引などがあります。どれもあまりなじみのない言葉かも知れません。しかしこれを知っていると役に立つかも知れません。リスクは多少ありますが少ない金額で高い利益をえることが可能になるからです。そえぞれの取引の説明をしていきます。まず先物取引は後に将来価値が上がるだろう商品をあらかじめ買う約束をします。そして約束の日に見事に上がった商品を約束時の金額、つまり上がる前の金額で買います。その時うあれた差額が利益になるわけです。次にオプション取引は将来価値が上がるだろう商品を決められた期日に購入する権利を予め買う取引になります。権利買う時はオプション料を支払います。そして決められた期日に価値の上がった商品を買うことで差額分利益となる商品です。勿論権利なので思惑にそぐわない場合は買う権利を放棄する事も可能になります。ではスワップ商品は金利やキャッシュフローを交換する事です。金融派生商品のいいところは資産運用時のリスクを減らすことがいいところなんです。オプション取引で言うと予め購入した(商品を買う権利)を破棄することで損額をオプション料だけで抑えることことが可能です。つまりリスクヘッジがちゃんとできるのが大きな魅力ではないでしょうか。デリバティブとはてこっていう意味があります。力点支点作用点ってうあつです。少ない力で大きな力を生みだす。まさに海老で鯛を釣る。勿論リスクは減らせえるといってもゼロではありません。そこは注意しないといけません。しかし金融派生商品に限らず何かを成し遂げるにはそれなりの対価は必要になるものです。皆さんも興味がありましたら是非挑戦してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ