ギリギリまで待つバイナリーオプションの手法

バイナリーオプションには、色々な手法があります。例えば、回号が始まった時にすぐにチケットを購入したり、ある程度方向性が出てからエントリーしてみたりなどです。色々な手法があるので、自分に合う手法を見つけることが、勝つためには重要です。手法の1つに、ギリギリまで待ってからエントリーするというのがあります。これは、チケットを購入可能な時間が締切になる1分前や30秒前、10秒前まで待ってエントリーをするというものです。

この手法のメリットは、ギリギリまで為替の動きを見るということで、満期時の価格を当て易くなることです。為替は1秒単位で動いているので、できるだけ長く見ていることによって、方向性が分かるようになります。ギリギリまで方向性を見ていたからといって、エントリーしたポジションが当たる確率は100%ではありません。しかし、回号が始まった時や残り1時間となった時にエントリーするよりは、ギリギリまで動きを見ていた方が方向性が分かっている分、勝ち易くなります。

ギリギリまで待つというバイナリーオプションの手法は、メリットだけではありません。例えば、ギリギリまで待ってしまい、気付けばチケット購入の締切時間になっていたという状況になることがあります。為替の動きばかり見ていると、締切時間のことを忘れてしまう場合があります。ですから、為替の動きをチェックしつつ、締切時間の方にも気を配る必要があります。また、ギリギリまで待ったにも関わらず、予想と反対の為替レートで満期を迎えてしまうことは、当然ながらあります。この点を十分に理解した上で、ギリギリまで待つようにします。

ギリギリまで待つ手法は、最終的にエントリーを見送ることが可能、つまり、無駄なエントリー減らすことが可能です。バイナリーオプションで無駄なエントリーをしてしまうことは、資金を減らしてしまうデメリットがあります。ギリギリまでエントリーを待てば、方向性から無駄なエントリーをせずに済むようになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ