円安円高によって起こる経済の影響。

我日本では円安が進んでます。アベノミクスがデフレ脱却を狙い円安を推進したためですね。しかし消費者にとってあまりいい気はしません。円安になると物の値段があがるのです。輸入に頼った商品は当然ねあがりしてしまいもすよね。ガソリンなどの生活必需品も上がっていくいっぽうです。安部首相としては円安が進めば輸出がふえて日本経済が潤うと踏んだようでした。だが実際蓋を開けてみると輸出は増えなかったようです。個人の消費者からして円安は特に嬉しくない傾向であることはわかってくれたかと思います。では社会全体で考えた場合どうなるのか考えてみましょう。例えばトヨタなどを代表とする輸出業者だと円高より円安のほうがメリットがあります。1万ドルの自動車を輸出するとなると1ドル=120円の時と1ドル=100円の時では利益が20万も変わってきてしまいます。これはでかいですよね。トヨタだけでなく日本では輸出にたよった企業は結構あるんです。1円円高になるだけでとんでもない額の損額が出てしまうのです。勿論ニトリやユニクロといった海外の生産製品の輸入している会社にとって言えば円高がメリットになります。総合的に見て円安円高がどちらが日本経済にとっていいのか判断は難しいところです。評論家の意見を見ると考えが二分しているような印象が残ります。単純に円安だから損、円高だから得ということではないようです。前述通り消費者にとっては円安になったら損だと考えるのが普通でしょう。海外旅行で買い物するにしたって円高の方が海外の貨幣が安く買えるわけです。ブランド品を買うにしたって円高の方がいいに決まってます。しかし社会全体、日本経済全体を考えるとそんな単純な話ではない事をおのおので考える必要があるのではないでしょうか。アベノミクスも円安が進んだことにたいして失敗だったと言う人もいます。しかし株価が上昇、企業業績の回復、賃金が上がったなどを見れば成功したという面も否定できない。政治的意見をもつ事は非常に大切です。必要な知識として円高円安がもたらす経済の影響について今一度勉強できたらと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ