ポジションの売却も必要なバイナリーオプション

バイナリーオプションは、為替に関する金融商品です。為替の上下を予想してチケットを購入し、予想が当たれば払い戻しを受けられることにします。上下を予想するという、大変シンプルな金融商品となっているため、特別の知識が無かったとしても、取り扱っている証券会社に口座を開設すれば、取引することが可能です。

バイナリーオプションでは、チケットを購入してポジションを持つことになります。そのポジションを満期まで保有し続けて予想が当たれば、満額の払い戻すを受けられるため、満期まで保有することができれば、それだけ利益は大きくなります。しかし、満期まで保有することは、それだけリスクのあることを知っておく必要があります。

なぜなら、満期になる前に為替がいきなり大きく変動することがあるからです。また、チケットの購入は満期になる直前まで行えるわけではありません。満期の2分や1分前までがチケットの購入時間となっているため、そこから満期までは一切売買が不可能となります。チケットの売買が不可能な時間に為替が上下する可能性も十分にあります。

チケット購入の締切前までは、安全なポジションだと安心していたとしても、満期になる20秒前や10秒前という、予想が当たると確信した場合であっても、そこから急に為替が上下してしまうことがあり、予想が外れることもあるのです。ですから、バイナリーオプションに絶対安全なポジションはありません。

だからといって、チケットを購入しなければ儲けることは不可能です。ですから、必ずしも満期までポジションを持つのではなく、時には売却することも視野に入れる必要があります。途中で売却してしまうと、満期まで保有し続けた時よりも儲ける金額は減るのは確かです。しかし、小さい利益であっても徐々に積み上げることによって、気付けば大きな利益になっていることもあります。ですから、バイナリーオプションでポジションに対して絶対的な自信を持てないのであれば、途中売却の実施は儲ける上で必要な手段です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ