レンジの局面もチャンスになるバイナリーオプション

バイナリーオプションには、レンジ相場に関するメリットがあります。そもそもバイナリーという金融商品は、FXの1つです。後者のタイプの商品で売買をしている方は、たまにレンジ相場に対する苦手意識を抱いています。というのもFXで利益を狙う方の多くは、レンジではなくトレンドを見極めて売買をしている一面があります。トレンドに便乗すれば、大きく稼げる事も多いからです。ところが外貨というものは、必ずしもトレンドが発生するものではありません。時には外貨の動きが、保合いになる事もあります。上昇するか下落するか今一つ不明な状況なのですが、それでは売買しづらいと考えている方も少なくありません。保ち合いの局面に苦手意識を抱いている方も、非常に多い訳です。

現に以前の私も、FXでデイトレをしていた事があります。当時の私は主にトレンドを狙っているやり方でしたが、レンジ相場になった時には基本的に取引をしないスタンスでした。むやみに売買をしてしまいますと、思わぬ損になってしまう事も多いからです。損になる位であれば、もちろん売買をしない方が望ましいでしょう。ただしレンジ相場が去るのを待つのも、少々退屈な一面もありますね。それが一般的なFXのデメリットの1つなのです。ところがバイナリーオプションの場合、そのような局面もチャンスになります。バイナリーの場合は、レンジ内もしくはレンジ外のどちらになるかを選ぶ事で売買ができます。

一般的なFXの場合、レンジ外もしくはレンジ内のどちらになっても、必ずしも利益が生じるとは限りません。レンジ内の状況がずっと続いていれば、FXでは利益が生じない事もあります。ところがバイナリーの場合はレンジ相場になっていても、大きな利益が生じる事が多々ある訳です。レンジ相場でも利益になる可能性があるのは、バイナリーという商品のメリットの1つと言えます。その意味では、一般的なFXよりはバイナリーの方が売買しやすいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ