証券会社の主な仕事とは

証券会社ってどういう会社なんでしょうか?野村証券とかみずほ証券とかは聞いたことあるけど・・・。意外と私以外でもよく知らないって言う人いるのではないでしょうか。株を取り扱ってる仕事なのかなというのはなんとなくわかるのですが・・・。しかし知らないと恥かくことがあるかもしれません。ここらで証券会社について学んでみましょう。簡単に言えば私たちが株を売ったり買ったりする際の窓口になる会社になります。いわば仲介人ですね。株を買いたい人と売りたい人の架け橋的存在と言えます。この業務をブローカー業務と言います。仲介する時に貰う手数料が主な収入源になります。あとはディーラー業務といって証券会社自身が株式の売買をする事もあるようです。また証券会社の大事な仕事として会社に株を発行してもらってお金を集める事の手助けをしたりしてます。株を買ってくれる人ぐらい自分で探したほうが良いのではっていう意見もあるかもしれませんがそれには時間と手間がかかってしまいまして効率が良くありません。それよりかは株式のプロである証券会社に多少の手数料を払ってでも任せた方が断然お得なのです。株を発行している企業から株をまとめて買い取って買ってくれもしそうな投資家に転売する仕事をアンダーライティング業務、また株式を一時的に預かって買ってくれる投資家に売る仕事をセリング業務といいます。アンダーライティング業務とセリング業務の違いはセリング業務は売れ残っても在庫を抱え込む責務が発生しません。いつでも返すことが可能です。というわけでざっと証券会社について説明しました。では株を買う一般の方々にとって証券会社を利用するのはどんな利点があるのでしょうか。いまの時代ネット証券を選ぶ人がほとんどだと思います。手数料も安いですし。ネットではない所謂対面型の証券会社には担当の営業マンに質問やアドバイスが貰えるって言うのが強いのではないでしょうか。そしてアマチュアの情報力にも限界があります。その分の手数料だと思えば対面型もまだ利用する価値がありますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ