よく耳にするバイナリーオプションとは?

今はバイナリーオプションが人気ですが投資の世界では流行り廃りというものが存在し、一昔前まではFXでの円キャリートレードといものが流行しました。しかし、リーマンショックでそれらの投資を行っていた方は一斉に退場を余儀なくされ、多くの損失を抱えてしまいました。
次に流行したのはわずか数分の内に「買い」と「売り」を繰り返すデイトレードでしたが、リスクが高く、これも多くの方が損失を抱えているという現状です。
これら投資の失敗の共通する原因としてはリスクが高過ぎる、もしくはリスクをコントロール出来ていないという点に尽きます。このような投資に関わるリスクは他人の金を運用しているプロでも難しいので、まして自分の大切なお金を運用している個人が行える道理はありません。
そうした中、個人でもリスク管理が比較的容易な投資手法として注目されているのがバイナリーオプションです。広告などでもよく耳にするバイナリーオプションという言葉ですが、一体従来のFXとどのような点が違うのかご存知でしょうか?
元々は機関投資家のリスクヘッジに利用されていたオプション取り引きですが、それを極力簡略化して個人でも取り引きを行えるようにしたのがこのバイナリーオプションです。簡単に言うとこの先相場が上昇するか・下落するかの2択を選ぶという投資方法です。しかし、これだけならば従来のFXと基本的には変わりませんが、この方法の特異な点は一回の取り引きで最低100円からの投資も可能であるという点です。
さらに100円のリスクに対して最高利益が1000円なので、これまでのどの投資商品よりもリスク対メリットが抜群に高いものになっています。
しかし、一回当たり最低100円と言ってもそのリスクをコントロールしなければ、これまでの投資と変わりません。実際このバイナリーオプションにハマり過ぎて数十万円・数百万円の損失を出してしまう方も珍しくはありません。しかし、それはパチンコや競馬などと同じで自制さえしっかり出来ればそれほど問題のある事ではありません。単純にバイナリーオプションは2分の1の確率なので極端な賭け方をしなければ問題はないからです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ